カードローンを完済したらどうする?

カードローンの返済が全て終わった時ほど嬉しいことはありません。これで稼いだお金は自分のために全額使えるからです。では完済したカードローンはどうなるのでしょうか?

カードローンの契約は、ほぼ1年から5年の期間のある契約となります。ただし期限が切れる1ヶ月位前までに解約の申出をしない限り、自動更新となります。唯一契約が満了するのは、カードローン会社の定める年齢に達した時で、65~70歳が一般的です。

正直カードローンを完済した時にどうするかは人それぞれです。カードを持っていたら、ついつい遊ぶお金を借りてしまうという方は解約する方がいいでしょう。逆に給料日前に生活費が足りなくなるのが日常的でカードローンが生活に不可欠なら、そのまま契約していた方がいいでしょう。

ちなみに解約は簡単にできます。ほとんどの場合コールセンターに電話をかけ、解約の旨を伝えればいいだけです。契約書類の返送は不要だと言えば送られて来ませんし、お持ちのカードはハサミなどで切り刻んで捨てればいいだけです。

ただし解約しても信用情報機関に5年は記録が残ります。住宅ローンを組む時にカードローンと契約があると審査が不利になると言われています。本当に解約しているか確かめるために解約証明書の提出を求められる場合もあるので、住宅ローンを考えている方は解約証明書を送ってもらいましょう。

最後にカードローンを解約するのは簡単ですが、再び利用するなら一から申込み審査を受ける必要があります。以前より属性が下がっていたら審査に落ちることも考えられるので、それを理解の上どうするか決めましょう。