個人事業主がキャッシング契約で注意することは?

キャッシング契約を検討するのは、給与所得者いわゆるサラリーマンだけではありません。
銀行以外であれば、個人事業主の方もビジネスローンを契約でき、事業性資金や生計費に利用することも可能です。

しかし、個人事業主の方は税金滞納で審査落ちする可能性があります。
個人信用情報には、税金を滞納したという情報が無く、ブラック情報にはなりません。
ですが、個人事業主の場合、納税証明書を提出する必要があり、税金の滞納で審査が不利になります。

もし、税金の滞納がある場合は、貸金業者からの借り入れではなく、ファクタリング(売掛債権の買い取り)を活用することがおすすめになります。
この場合、信用情報や税金滞納といったことが影響されず、近い将来受け取れる代金を事前に受け取る方法になります。
結果として、無駄な利息が発生せず、ネガティブな情報の影響も受けずに済みます。